慢性膵炎に牡蠣サプリメントをおすすめする理由

慢性膵炎の症状を和らげ、すい臓の機能の低下を防ぐのに役立つと思われる栄養とサプリメントについてお伝えしていきます。

 

特に牡蠣に多く含まれる亜鉛やタウリンが膵臓の機能低下を防ぐのに役立つと考えられますので、その理由とおすすめの牡蠣サプリについてご紹介していきます。

 

生牡蠣のパワー

 

膵臓は一度機能が低下すると、なかなか回復が難しい臓器だと言われています。

 

だからこそ、慢性膵炎の診断を受けたり、その疑いがあると本当に不安で心配になりますね。

 

腹部や背中に痛みを感じながら、食事も制限され、体力もどんどん低下してやせ細って、苦しい毎日を送っておられる方も少なくありません。

 

膵臓ガンの恐れから不安で夜は寝つけなかったり、気持ちが落ち込み気味になる人も多いようです。

 

そのような時こそ、希望が必要です。
希望を見つめる

 

そして、もしかしたら牡蠣サプリメントとの出会いが、今と将来に希望を湧きたたせるきっかけとなるかもしれません。

 

この記事の内容が、あなたに少しでも明るい気持ちをいだかせるものとなれば幸いです。

 

牡蠣に含まれるパワーの秘密

たくさん積まれた牡蠣

 

牡蠣は「海のミルク」「海の完全食品」などと呼ばれますから、なんとなく栄養価が高い食べ物なのだろうというイメージはお持ちかもしれません。

 

でも、実際のところ、どんな栄養が含まれていて、どんな効果が期待できるのかという点は、あまりしっかりと聞いたことはなかったかもしれませんね。

 

牡蠣は豊富な栄養素をバランスよく含み、滋養強壮に優れた食品ですが、ここでは膵臓をサポートする栄養素として、亜鉛とタウリンに注目しましょう。

 

亜鉛の膵臓に対する効果

膵臓では、血糖値を下げるためのインスリンの分泌と、消化を助ける膵液の分泌が行なわれています。

 

膵臓の機能が低下すると、これらの分泌がスムーズにいかないため、食物の消化吸収に問題が起きたり、血糖値が上がりやすくなるので糖尿病の発症につながります。

 

このような膵臓のインスリンや膵液(膵酵素)の分泌をサポートする栄養素が亜鉛なのです。

 

膵臓と亜鉛との関りは非常に深く、膵臓は体内の亜鉛代謝における中心的な役割をもつ臓器として知られています。

 

逆に考えると、すい臓の機能が低下すると、亜鉛の代謝が悪くなり、亜鉛欠乏状態になりやすいのです。その結果、さらにインスリンや膵酵素の分泌が低下するという悪循環になってしまいます。

 

膵臓の疾患における亜鉛投与の有用性については、三重大学肝胆膵・移植外科の伊佐地医師の研究報告が参考になりますのでご覧ください→「膵疾患における亜鉛の有用性について」(PDF)

 

タウリンの膵臓に対する効果

タウリンは肝臓に良い成分として知られていますが、膵臓にとっても重要な働きをします。

 

タウリンには膵臓のベータ細胞を保護する機能があると言われ、インスリン分泌の低下を防ぎ、弱った膵臓の機能を高める効果のあるという研究報告があります。参考:静岡県立大学食品栄養科学部「食と健康Express」より

 

そのほかにもタウリンは、血中コレステロールを低下させたり、各臓器の機能維持、ストレスの軽減などに大切な働きを持っていると言われています。

 

亜鉛・タウリンの含まれる食品は?

疑問をいだく男性

 

亜鉛を多く含む食品としては、貝類や大豆食品、ウナギなどがあります。また、タウリンを多く含む食品は、タコやイカなどの魚介類です。

 

そして、亜鉛とタウリンの両方を豊富に含むのが牡蠣なのです。特に亜鉛に関しては、自然界の食品の中で牡蠣がもっとも含有量が多いと言われています。

 

しかし、問題は亜鉛もタウリンもあまり吸収が良くないという点です。腸管からの亜鉛の吸収率は約30%、あるいはそれよりも低いとも言われています。

 

しかも慢性膵炎では消化吸収能力自体が低下していますし、食事制限もありますから、食事だけで十分な亜鉛やタウリンを摂取しようとするのは、ほぼ絶望的と言えるかもしれません。

 

だからこそ、牡蠣のエキスを濃縮したサプリメントがおすすめなのです。

 

慢性膵炎の方のサプリメントおすすめランキング!

膵臓の機能低下を防ぐのに役立つ牡蠣エキスのサプリメントをおすすめ順にランキングしましたので、ご参考にしてください。

 

慢性膵炎のおすすめサプリ1位 海乳EX

海乳EX
慢性膵炎のおすすめサプリ1位 海乳EXの特徴
 

海乳EXの特色は、
・14年で100万袋の販売実績
・1日分2粒で亜鉛12mg配合
・瀬戸内海産のプリプリの牡蠣使用
・手作業で丁寧に製造
・初回980円で試しやすい
・定期コースはいつでも解約可能
・水晶ブレスプレゼント(定期コース)

 

といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回980円(税込) 1袋62粒(約1ヶ月分) 慢性膵炎,サプリメント
原材料
サフラワー油、牡蠣肉エキス、ビール酵母、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、着色料(イカスミ色素)、ビタミンE
備考
定期コースの初回980円。2回目以降1,949円(税込)。いつでも解約可
慢性膵炎のおすすめサプリ1位 海乳EXの総評

シンプルに牡蠣エキスのみを配合したサプリメントです。牡蠣の成分以外の有効成分は含まれていませんから、とりあえず牡蠣の効果を試してみたいという初心者の方にピッタリのサプリです。定期コースの2回目以降は1,949円(税込)と続けやすい価格設定ですし、解約がいつでもOKなので安心して試せます。

 

亜鉛たっぷり!濃縮牡蠣エキス★海乳EXの公式サイトはこちら

 

 

慢性膵炎のおすすめサプリ2位 牡蠣のチカラα


慢性膵炎のおすすめサプリ2位 牡蠣のチカラαの特徴

牡蠣のチカラαの特徴は、
・牡蠣エキスにマカ、高麗人参をプラス
・1日分3粒で16mgの亜鉛を配合
・飲みやすいソフトカプセル
・小冊子「亜鉛パワーのひみつ」プレゼント(定期コース)
・GMP認定工場で製造されるので安心

 

といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回980円 1袋90粒(約1ヶ月分) 慢性膵炎,サプリメント
原材料
サフラワー油、カキエキス末、酵母(亜鉛含有)、マカエキス末、高麗人参末、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、乳化剤、カラメル色素
備考
定期コースの初回が980円(税別)送料無料。2回目以降は2,980円(税別)。いつでも解約可
慢性膵炎のおすすめサプリ2位 牡蠣のチカラαの総評

牡蠣のパワーを十分に引き出すために、マカと高麗人参を配合して効果を高めている贅沢なサプリメントです。既に牡蠣サプリを体験済みの中級者・上級者の方へ。

詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認を!

↓ ↓ ↓

 

慢性膵炎のおすすめサプリ3位 牡蠣美人


慢性膵炎のおすすめサプリ3位 牡蠣美人の特徴
 

牡蠣美人の特徴は、
・1粒中に牡蠣肉ペプチド200mg配合
・高麗人参も配合
・女性も利用しやすい可愛いパッケージ
・糖衣錠で臭いが気にならない
・1日1粒でOK

 

といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回980円 1袋30粒(約1ヶ月分) 慢性膵炎,サプリメント
原材料
還元麦芽糖水飴、牡蠣肉ペプチド(牡蠣肉酵素分解エキス)、高麗人参サポニン、還元水飴、ゼラチン、セルロース、卵殻Ca、ステアリン酸Ca、着色料(カカオ色素)、光沢剤、増粘剤(アラビアガム)、グリセリン
備考
定期コースの初回980円(税別)送料無料。2回目以降は2,700円(税別)。
慢性膵炎のおすすめサプリ3位 牡蠣美人の総評

女性向けの牡蠣エキスサプリですが、牡蠣エキスを高配合しており、高麗人参も含まれた高品質のサプリです。おしゃれなパッケージなので携帯するのに良さそうです。飲みやすい工夫がなされているのも評価が高いですね。

詳しくは以下をクリックして公式サイトでご確認を!

↓ ↓ ↓

女性のナチュラルフード牡蠣美人

 

慢性膵炎はサプリと食事療法で楽になる

慢性膵炎は心身の負担が長く続くやっかいな病気です。でも、正しい食事療法を辛抱強く続けていくことで、症状がかなり楽になったという方も多くおられます。

 

それにサプリの力もプラスすれば、きっと明るい見通しが見えてきます。

 

あきらめずに取り組んでいきましょう。

 

慢性膵炎の原因と治療

痛みを抱えた女性

 

慢性膵炎は急性膵炎のような激烈な症状が出るわけではありませんが、腹痛や背部の痛み・下痢・嘔吐などの不快な症状が常に起きます。

 

慢性膵炎の原因は、ほとんどに飲酒の習慣が関係していると言われています。

 

やはり長い期間にわたってアルコールの摂取量が多かった人は、膵炎を起こしやすい傾向があるようです。

 

しかし、アルコールの許容量には個人差がありますから、客観的にみるとそれほど量を飲んでいないという人でも、その人にとっては飲み過ぎという場合があります。

 

いずれにしても、過度の飲酒などをきっかけとして、すい臓に異常が起き、消化酵素が逆流して自己の細胞を破壊し、炎症を起こすのが膵炎です。

 

患者さんは男性が多い傾向がありますが、女性の患者さんも増えており、お酒を全く飲まない人の原因不明の膵炎も増加しているようです。

 

膵炎患者の多くが最初は胃の調子が悪いと考えて病院を受診するようですが、病院でも正確な診断が難しく、胃の薬だけもらって帰るというケースも多いようです。

 

それほど専門医が少なく、治療の進んでいない病気といえます。

 

薬としては、消化を助ける消化酵素や痛みを抑える薬が処方されることがありますが、いずれも対症療法であり、膵臓の機能自体の回復を目的としたものではありません。

 

慢性膵炎の改善と再発予防で大切なこと

禁酒マーク

 

慢性膵炎では、膵臓をなるべく休めるような食事や生活習慣が大切です。

 

まずは禁酒が必須です。

 

発症の原因がお酒ではないとしても、アルコールは何らかの作用で膵炎を悪化させるようですから、きっぱりと断ちましょう。

 

さらに刺激の強い飲食物も膵臓に負担となります。

 

香辛料やカフェインを含むコーヒーなどのドリンクは注意が必要です。

 

食事面では脂肪の摂取量を制限する必要があります。逆に不足しても体調を悪くしますから、脂質は上限を守ったうえで適度に摂取することが必要です。

 

たんぱく質は破壊された組織を修復する上で大切な栄養素ですが、消化が悪いためにこれも摂り過ぎには注意が必要です。

 

その他の役立つ栄養素

ザルの上の牡蠣

 

論文によると、抗酸化物質であるセレン・βカロチン・Lメチオニン・ビタミンC・ビタミンEなどは膵炎患者の痛みや生活の質を上げるのに役立ったと報告されています。

 

ですから、抗酸化の食品を積極的に摂るようにしたり、サプリで補うようにすると良いかもしれません。

 

それと共に、やはりカギとなる栄養素は亜鉛です。

 

亜鉛は膵酵素の元となるだけでなく、同じく膵臓から分泌されるインスリンの元ともなります。

 

膵臓疾患のある方はただでさえ亜鉛欠乏症に陥りやすいですから、努めて亜鉛の摂取を心がける必要があります。

 

食品から摂取できる亜鉛には限りがありますから、この点ではサプリメントを十分に活用していきましょう。

 

尚、慢性膵炎では人によって体調を崩しやすい食べ物があります。

 

サプリメントも合う合わないがありますから、少しずつ様子をみながら使用するようにし、気がかりな点はすぐ医師に相談するようにして下さい。

 

慢性膵炎の方のための一番のおすすめサプリメントは海乳EX!

ここまで3タイプの牡蠣エキスのサプリをご紹介してきましたが、私の一番のおすすめはやはり海乳EXです。

 

一番の目的である亜鉛がしっかりと摂れる上に、コスト的にも一番お手頃で続けやすいところが大きなメリットです。

 

亜鉛の一日の推奨目安量は13mgと言われていますから、海乳EXの1日分12mgという配合量はほどよい量と言えます。(食品に含まれる亜鉛と併せて100mgを超えると過剰摂取になります)

 

約14年にわたって売れ続けている商品ですから、その実績が品質は信頼の証となっています。

 

牡蠣だけのシンプルな配合・コスパ・実績・試しやすさなど総合的に考えると、特に初めての方には海乳EXが一番おすすめです。

 

海乳EXについての詳しくは、以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓
亜鉛たっぷり!濃縮牡蠣エキス★海乳EXこちら